ガラパゴスからの船出

時代の潮流から随分外れた島に浮かぶ音楽ブログです。お気に入りの曲の感想や好きな部分をひたすら垂れ流します。

ZARD/君に逢いたくなったら…

f:id:majaraka:20210529220337j:plain

私はZARDに特に思い入れがあるわけではない。CDはベスト盤ぐらいしか持っていないし、カラオケで歌ったこともない。しかし、私の音楽フォルダには彼女の曲が多く存在している。

 

で、そのZARDの曲を一つ挙げようとして、今回この曲を選んだ。ドラマのタイアップだったらしいが、その頃の私はドラマを見るような年齢でもなかったし、何でこの曲を知ったのか定かではない。おそらく当時のCMや歌番組で流れまくっていたのだろう。別に当時ハマっていたわけではないが、この曲はふとした時に頭に流れてくる。そして私はあまりZARDに詳しくないのだが、他の曲に比べて温かい気持ちになれるのもこの曲だ。

 

ZARDといえば「負けないで」のようなまっすぐな応援歌や、「揺れる想い」「もう少し あと少し…」のような甘酸っぱい歌など、様々な表情を見せてくれる代表曲があるが、この「君に逢いたくなったら…」はその間に丁度良いバランスで存在している曲だと思う。たとえばサビの「君に 逢いたくなったら いつだってすぐに 飛んでいける」という歌詞を見ると、恋愛にまっすぐな女性の気持ちのようであるが、その後に「壊れやすいものだからこそ 大切にしたいと思う」とくる。この絶妙な距離感はなんなのか。

 

この曲の歌詞全体を見ると、主人公が彼氏に告白orプロポーズされたようで、その急展開に戸惑いを隠しきれず、逢える「その日までガンバル自分でいたい」といっているのだから、あえて距離を置こうとしている様子を歌っている。ZARDの歌に出てくるようなまっすぐな女の子ではなく、少し大人びた女性の歌だからこそ、独特の良さがある。

 

コード進行としては、特に複雑なコードは使っておらず、むしろ同じコードを使いまわして構成されているが、イントロにしてもサビにしても基本のAから上に上がっていく進行となっており、距離を置こうとするも、相手への信頼と愛情が根底にある主人公の力強さを表しているようである。

 

坂井泉水氏亡き後、ビーイングは彼女の影を追っているような気がする。PINC INCしかり北原愛子しかり三枝夕夏 IN dbしかり、ZARDの影を感じずにはいられない(GARNET CROWは違うかな)。またビーイングのプロデュースする女性ミュージシャンのビジュアルも薄幸の美人という感じが、やはり坂井氏を彷彿とさせるのだ。近年もSARD UNDERGROUNDというZARDのトリビュートバンドをデビューさせている。それほどまでに彼女が与えた影響は大きいのだ。「それでもあんな出逢いは二度とないよね」というこの曲の歌詞は、もはやビーイングが坂井氏に抱いている想いとしか思えない。