ガラパゴスからの船出

時代の潮流から随分外れた島に浮かぶ音楽ブログです

Hysteric Blue/グロウアップ

f:id:majaraka:20210504151130j:plain

Hysteric Blueといえば、「春〜spring〜」や「なぜ…」などのスマッシュヒットを連発した、かつての人気バンドだ。しかし私の中では彼らの代表曲と言えば、この「グロウアップ」なのである。

 

90年代後半から2000年前後にかけて、やたらと怪談系のアニメや本が流行った時期があった。GTOが終わって少しして、ゴールデンタイムに怪談話のアニメが放送されていたというのだから、当時の怪談モノの盛況ぶりが伝わってくる。その時の主題歌がこの曲。

お分かりのように、まったくもって怪談アニメのテーマソングではない。PVはなぜか就活の様子を描いたものであり、そんな学生に向けての応援ソングのように聴こえる。なぜこの曲がタイアップとして選ばれたのか、偉い人の都合というものは複雑怪奇である(まだED「Sexy Sexy,」のほうが妖艶で合っていた)。

 

しかし曲だけを見ると、どういうわけか子どもの頃のワクワクをイメージさせるような曲調なのである。サビの奇数拍で叩かれるスネアには探検をするような躍動感があるし、音の数が少ないAメロから、四つ打ちのドラムが響くBメロへ、そしてまたサビへ戻ってくるという展開。この辺りのセンスが良いのだ。

 

つまり勝手なことを言えば、曲調はタイアップに合っているが、歌詞&PVがそうでもないという面白い曲なのである。でも私はこの歌詞と曲の組み合わせも好きで、特にラスサビの「少し魅力的になるべきである」の「少し魅力的になる」と「べきである」の分け方は印象的だ。メロディーに沿ってこうなっただけなのかもしれないが、「べきである」を単体にすることで、なんというか可愛さが増したように感じられる。

 

知っての通り、Hysteric Blueはギターのナオキ氏が2004年に逮捕されて解散。その後残ったメンバーが2011年にSabãoを結成するも、2018年に活動休止。Tama氏はそこから音沙汰がない。Hysteric Blueの再結成は絶望的なので仕方ないのだが、Sabãoの音源はまだまだ聴き足りないなあと思う次第である。

Ceui/光と闇と時の果て

f:id:majaraka:20210503213636j:plain

随分寒い頃だった。2009年当時関西に住んでいた私は、「空を見上げる少女の瞳に映る世界」というアニメを見つけた。見つけるだけ見つけて本編は見なかったのだが、EDには惹きつけられた。それがCeui氏の「光と闇と時の果て」だ。

本編を知らない私が言うのもおこがましいが、なんとまあ壮大な曲調だろう。最初聴いた時は、映画の主題歌で使われているのかと思ったぐらいだ。ケルト音楽を思わせる音階が所々で見られ、遥か遠い地を旅しているかのような雰囲気を醸し出し、Bメロの水滴音~サビのウィンドチャイムが雨上がりの太陽の光に包まれた景色をイメージさせる。たっぷりと溜めた後にバスドラが響き、キラキラと輝くサビへと向かう。視界一面に広がる大地の雄大さがこれでもかと耳に押し寄せてくる。今まで聴いたことのない類の曲だった。

 

「こんな曲を歌うミュージシャンがいるのか…。これは音源集めねば!」と考えた私は、それから収集を始めた。聴いてみれば全体的に落ち着いてはいるものの、四つ打ちの曲だったり、やたらポップな曲だったり、色々な一面があることがわかり、Ceui氏の表現力の多彩さを思い知らされたのであった。

T.M.Revolution/BOARDING

f:id:majaraka:20210503144456j:plain

fripSideガルネクが好きな私は、その源流である浅倉大介氏の曲も当然ながら大好きだ。その浅倉氏の曲の中でお気に入りを一つ挙げるとしたら、T.M.RevolutionのBOARDINGだろう。

 

T.M.Revolutionといえば、西川貴教氏のソロプロジェクトかつセルフプロデュースであるが、それまでは浅倉氏のプロデュースであり、WHITE BREATHHOT LIMITなどの今も語られるヒット曲を連発してきた。その浅倉氏最後のプロデュース曲がこの曲である。ジャケットはなぜか金髪リーゼントで、すでに筋トレを始めてマッチョになっており、ピンクのスーツが似合わなくなっていたとか。

12.8万枚を売り上げた割にあまり語られることのない(少なくともファン以外では)曲だが、切なくもそれでいて元気づけられる名曲だと個人的に思っている。歌詞を見る限り「もう僕らは旅立てる」「そうここから旅立つんだ」というように、新しい一歩を踏み出していく姿が描かれており、この後セルフプロデュースになっていく西川氏の心情と重ね合わせているものなのかもしれない(PVから旅立ちの様子が全く感じられないが)。

 

90年代後半はイケイケの曲調が多かった中で、BOARDINGは異質だ。アコギやストリングスのフレーズが所々で印象的に鳴り響く。もちろんスネアの跳ね具合やベルの音色をしたシンセの入るタイミング、バリバリのディストーションギターは健在だ。なんというかまるで誰かが作ったバラードを浅倉流にアレンジしたような、落ち着いた一曲である。

 

ここから西川氏は一年後にシングルを一枚出した後、ガンダムなどのアニソンに接近していくことになる。アニメとT.M.Revolutionとの相性は抜群であり、今も活動を続けている。セルフプロデュースになってから迷いもあったのだろうが、これも巡り逢いだったのだろう。

9mm Parabellum Bullet/Living Dying Message

f:id:majaraka:20210502204902j:plain

歌謡ロックという言葉があるが、その言葉から真っ先に連想されるのが9mm Parabellum Bulletである。彼らの激しい音楽は、もはや歌謡ロックどころか歌謡パンクとか歌謡メタルな気もするが。

 

このバンドを知ったのもCSのPV集だった。多分2009年だったと思う。なんとなく見ていた時に映ったのがLiving Dying Messageだ。

曲自体は短いのだが、3分弱でこの濃密さである。「これぞ歌謡ロック!」と言わんばかりの哀愁に満ちたメロディながら、編成はバリバリのロック。PVを見ればわかるように、メンバーがとにかくよく動く(砂地で足場が悪いだろうに)。「ワーイワーイ」と聞こえるシャウトや、ドラムの上に乗るギターの滝氏、怒涛のツーバスなど、「なんだこのバンドは…?」と初見の私に思わせてくれるには充分なものだった。

 

その後、このPVがMTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN2009の「ベストロックビデオ」にノミネートされてライブ出演を果たし、彼らはこの曲を演奏した(BS12で見たんだったかなあ…)。

f:id:majaraka:20210502212822j:plain

珍しくスーツで出演した9mm。最初こそボーカルの菅原氏もギターを持って出てきたのだが、歌に専念したかったのか途中でギターを外し始めた。脇からスタッフが出てきてそのギターを回収するという臨機応変さを見せ、更にライブだとPV以上に暴れるものだから、カッコよくて仕方がなかった。

 

何で見たかは忘れたが、9mmがインタビューを受けている番組があった。その時にボーカルの菅原氏が「俺の声は滝に似ている」と言っていたシーンをなぜかよく覚えている。「バンド内で似るって面白いなあ」と私は思ったのだが、今回の記事と特に関係はない。

TOMOVSKY/脳

f:id:majaraka:20210502093847j:plain

TOMOVSKYを知ったのは8年ほど前だっただろうか。2ちゃんねる(現5ちゃんねる)のVIP板にいた時に、オススメの音楽を紹介するスレみたいなものがあって、そこで誰かに教えてもらった覚えがある。そこから自分も、他の人に勧めるようになった。このTOMOVSKYというミュージシャンは、誰かに教えたくなる魅力があるのだろう。

 

その時教えてもらったのが、この「脳」という曲。

歌詞だけを見ると、なかなかネガティブだ。「気がめいってるとヤラレル それで落ち込んだらもっとヤラレル」「悲しみの分だけ強くなれるよ、なんて全部ウソだった、幻だった神はいなかった 」「ああ残酷だ不公平だ無慈悲だ」「内向的なキマジメはタメルだけタメテボロンボロン」と、一度は誰もが思ったことのあるような理不尽な人間の仕組みをこれでもかと垂れ流す。そして「やってらんない まあやるけどね」という部分が、胸にストンと落ちる。

 

しかしこの歌詞を乗せる曲は、非常に軽やかでポジティブ志向なのが面白い。ギターもドラムもベースも同じリズムに合わせており、ノリの良さを引き立てている。時折聴こえてくるトモフの掛け声や、ラグタイムで使われるようなピアノだかオルガンだかわからない鍵盤の調子っぱずれた音が心地良く、脳の仕組みに頭を抱えているというよりかは、その理不尽さに「あ~仕方ねえな」と自嘲するように聴こえる不思議さがある。

 

TOMOVSKYは「ネガチョフ&ポジコフ」というアルバムを出しているように、曲の中でネガティブとポジティブが同居するものが多い。底抜けに明るいわけでもなく、かといって悲壮感に項垂れるわけでもなく、人間の微妙なメンタルを上手いこと表現している。だからだろうか、ひどく疲れた時や嫌なことがあった時にTOMOVSKYの曲を聴くと、低いテンションのまま頑張る気になれるのだ。こういう気持ちにさせてくれるミュージシャンはなかなかいない。

 

なおこの曲を当時付き合っていた人に聴かせたところ「救いようのない気持ちの曲だね」的な言葉で評されたことをおぼえている。そんなことはない、なかなかに救われる曲だと気がついたのは、その人にフラレた直後だったりして。

ザ・クロマニヨンズ/タリホー

f:id:majaraka:20210501195548j:plain

私はTHE BLUE HEARTS↑THE HIGH-LOWS↓も詳しく知らない。父が好きではなかったのか、家で聴こえたこともない。自分でCDをいつか掘り下げるだろうと思って、それっきりだ。しかしクロマニヨンズは違う。自ら見つけてハマっていったバンドだ。

 

初めてこのバンドを知ったのは、スペースシャワーのCMだったような覚えがある。なんかのライブの出演者と宣材写真一覧が表示される中、なぜかサルだかゴリラだかわからないような絵とともに「ザ・クロマニヨンズ」とのみ書かれた彼らを見た。「BEAT CRUSADERSのような顔を隠して活動するバンドかな?」と思い、特に調べたりすることもせず、それっきりであった。しかし私の知らないところですでに彼らの正体は言及されていたようであり、それが甲本ヒロト氏と真島昌利氏の新バンド「ザ・クロマニヨンズ」だったのだ。

 

それから少ししてタリホーのPVを見た。

PVがなかったので、テレビでのライブ映像

極限までシンプルに削ぎ落としたロックンロール。コードも簡単なものしか使っていない。真島氏はろくにギターソロなど弾かず、ひたすらにコードをかき鳴らしている。彼らは当時40歳をすぎていながらも、この動きである。色々な武器を使ってきた結果、素手で戦い始めた武闘家のようでカッコいい。歌詞は抽象的とかいう範疇を越えて、もはや意味を勘ぐることもできないレベルだ。クロマニヨンズとしての一歩を踏み出す所信表明かな?と私は思っている。

 

クロマニヨンズはコードもシンプルで歌詞もわからなくて、なぜかモノラルで録音されているアルバムが多い。しかし新しい曲が発表される度「そのコード進行でこんなカッコいい曲ができるのか…」と溜息をつかされる。年齢を重ねても衰えが感じられず、いくつになっても「自分のままで」初期衝動を貫き通すロックンローラーの奏でる音だからこそ、これほどまでに人の心を動かすのだろう。

girl next door/Seeds of dream

f:id:majaraka:20210430220323j:plain

一体どれほどの人がgirl next doorを覚えているだろうか。エイベックスが社運をかけて送り出したグループで、90年代のデジタルJ-POPの勢いを再び取り戻そうと言わんばかりに猛プッシュされていた。デビューから3カ月で紅白出場、出す曲は大体タイアップ、あっさりとレコード大賞新人賞受賞という凄まじい待遇は、当時ネットで「ゴリ押し商法」などと揶揄されていた。実際身近にgirl next doorを好きな人など見当たらず、気が付けば5年ほどで解散してしまった。しかしそんな彼女たちにハマった人間がここにいる。私は今までも言及しているように、こういった類のデジタルミュージックが大好物なのだ。

 

私がこのグループを知ったのは、「偶然の確率」というデビュー曲である。「あらびき団」という当時私がハマりまくっていたお笑い番組で、一カ月ほどタイアップのEDとして使用されていた。しかしながらその時はそこまで印象に残っておらず、そこから一年ほどが経ってスカパーのPV集で出会ったのが「Seeds of dream」という曲である。

いやあ喰らったのなんのって。ベースが隠れるほど凄まじく強気なキックドラム。ダンスミュージックにお決まりのM1ピアノ、左右に散らばるシンセ音、しっかりとエイベックスの音楽を継承し、当時の最先端の音で仕上げたのだろう。それでいてイントロのシンセソロからは今までにない新しさを感じるし、ボーカルの千紗氏の溌溂とした笑顔やキレの良いダンス、応援ソングともいえるほどの前向きな歌詞など、ヒットに必要な要素としての不易と流行が詰め込まれている一曲だ。

 

学生時代の私は、忘年会で「一年の出来事」みたいなものを、フリップ芸で披露したりしていた。スケッチブック一冊分のネタをカラオケが一段落した時にやった後、そのノリでなぜかこの曲を歌った。「その流れからなんでスムーズにガルネクに入れるんだ」と友人にツッコまれたことを今でも覚えている。