ガラパゴスからの船出

時代の潮流から随分外れた島に浮かぶ音楽ブログです。お気に入りの曲の感想や好きな部分をひたすら垂れ流します。

牧野由依/横顔

漫画『ARIA』と出会ったのは高校生の時だ。タイトルが変わる前の『AQUA』をクラスメイトに薦められて読み始めてから、その近未来かつ温かい世界観と綺麗な絵柄に、あっという間にハマってしまった。大学生になって漫画を集め始め、夏休みなどはエアコンの使…

餓鬼レンジャー/火ノ粉ヲ散ラス昇龍

以前の記事にも書いた通り、私がハードなヒップホップに出会ったのは般若が最初だったが、そのすぐ後にスカパー深夜のPV垂れ流し番組で出会ったのがこの餓鬼レンジャー(以下餓鬼レン)である。 当時の般若はわかりやすいぐらいに不良々々したラッパーで(とい…

the bird and the bee /Again & Again

BS朝日で放送されている小林克也のベストヒットUSAという長寿番組がある。毎週アメリカのヒットチャートを紹介していく番組なのだが、そこで私はボーカルのInara GeorgeとキーボードのGreg Kurstinで構成される「the bird and the bee」というユニットを知っ…

ザ・リーサルウェポンズ/昇龍拳が出ない

私はスーパーファミコン全盛期に、ニューファミコンから入った奇特な人間だった。なのでストリートファイターⅡは友人の家で遊ばせてもらった程度だ。コマンドもよくわからないような年齢だったので、Aを連打してエレクトリックサンダーを出せるブランカぐら…

HEATWAVE/オリオンへの道

HEATWAVEのことについて、私はよく知らない。だけどこの曲はずっと前から知っている。父がよく聴いていた曲で、気が付いたら自分も知っており、後年に「あの曲なんだっけ?」と調べて辿り着いたパターンだ。 この歌はHEATWAVEが1995年に出した曲である。1995…

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ

先日、「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」が発売された。「とうとうこの時がきたか…」と私は何とも言えない気持ちに襲われた。そしてそれは思い出のゲームのリメイクを喜ぶ想いではなかった。 私は初代よりポケモンをプレ…

橋本みゆき/hello,my happiness

今日はクリスマスなのだが、昨夜から今日にかけてSchool Days(以下スクイズ)の一挙放送をやっていた。この時季になると毎年のように誠が死に、世界もまた死に、言葉はNice boat.であり、もはや様式美と化している。 さて、そんな中ふと思い出したのがこの「h…

サマースノーサプライズ/SUPER STEREO

世界中に誇りましょう その胸騒ぎ サマースノーサプライズ(以下サマスノ)というラップグループがいた。バリバリのヒップホップというよりは、ポップなビートにラップを乗せるという感じの三人組だ。彼らに出会ったのは私が高校生の頃、やはり深夜のPV集番組…

LOOK MUM NO COMPUTER/Youth8500

LOOK MUM NO COMPUTERを知ったのは、この記事を書いている数時間前。Sam Battleというミュージシャンのセルフプロジェクトである。モジュラーシンセを操ってライブを行う彼の動画がYouTubeのオススメに挙がってきて、偶然見つけたのだ。そしてそのインパクト…

KOTOKO/Special Life!

今から13年前に「仮面のメイドガイ」というアニメが放送されていた。主人公の女の子の下にマッチョで無敵のメイド(♂)がやってくるスラップスティックコメディだ。話しのテンポがよく、ノリも良くて面白いアニメだった。そのOP主題歌がKOTOKOの「Special Life…

JUDY AND MARY/LOLLIPOP

私がJUDY AND MARY(以下JAM)を知ったのは確か「Over Drive」あたりで、一番聴いていたのが「そばかす」で、昔付き合っていた人に勧められたのが「KYOTO」だった。他にも多くの名曲が存在するが、ひっそりと気に入っている曲はこの「LOLLIPOP」だったりする。…

SEKAI NO OWARI/虹色の戦争

一時やたらと話題になっていたSEKAI NO OWARI(以下セカオワ)。私が初めてこのバンドを知ったのは、10年以上前のスカパーの「今注目のインディーズアーティストのPV集」的な深夜番組だった。そこで偶然流れてきたのが「虹色の戦争」である。 私は首を傾げた。…

洞窟物語

フリーゲームの金字塔「洞窟物語」。5年以上前だったかと思うが、どこかで耳にしたこのゲームを私もやってみたのだが、これがフリーゲームと思えないぐらいの完成度で、どっぷりとハマってしまったのであった。 そしてこのゲームの完成度の高さの一つにBGMが…

Every Little Thing/出逢った頃のように

私はEvery Little Thingにそこまで思い入れがないのだが、私の思い出にはこのグループのサウンドが残っているし、音楽ライブラリにも多くの曲が入っている。その中でも最も私の好きな「出逢った頃のように」について書いてみよう。この曲を知ったきっかけは…

KIRIKO/セパレイトブルー

15年ぐらい前だろうか、エロゲーに音楽を提供するKIRIKO/HIKO Soundというユニットがいた。コンポーザーのHIKO氏に、ボーカル・作詞・作曲を行うKIRIKO氏のコンビだ。有名どころだとSchool Daysにも曲を提供している。そんな実力派ユニットであるが、KIRIKO氏…

きゃりーぱみゅぱみゅ/つけまつける

あれは学生時代、バイトでリーダーをしていた時だったか、バイトリーダーが三人いる職場だったのだが、上半期を終えて社員さんがリーダーを対象にお疲れ様会を開いてくれることになった。私はその日バイトがなかったので現地集合であったのだが、業務終了が…

ブレイザードライブ

カードゲームタイプのゲームは、数年に一度リバイバルマイブームがやってくる。「ポケモンカードGB2」、「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ6 エキスパート2」、「カルドセプトDS」、「高速カードバトル カードヒーロー」など、終わりがない故にいつまでも遊べる…

茅原実里/Paradise Lost

特にファンというわけでもないのだが、“茅原氏”と毎回打つのも味気ないので、愛称の“みのりん”を使わせてもらおう。私がみのりんの歌を知った曲、「Paradise Lost」である。 「喰霊-零-」というアニメの主題歌だったか。このアニメはすぐに見なくなったのだ…

ドレスコーズ/Lolita

私の好きだった毛皮のマリーズは、2011年の年末に解散してしまった。以前記事にも書いたことがあるが、クラシックなロックをサンプリングしたような志摩氏の曲作りのセンスは凄まじかった。そこから数か月も経たないうちに、志磨氏の新バンドとして発表され…

Retro G-Style/What's the answer?

このグループと出会ったのは、制作会社が変わったことでキャラの絵柄もガラリと変わった「爆転シュート ベイブレード2002」を見ていた時だった。毎週見ていた割には話をほとんど覚えていないのだが、主題歌はハッキリ覚えているといういつものパターンだ。 …

fripSide/only my railgun

以前の記事にも書いたように、私はfripSideにはナオプロから入ってしまった。 ナオプロとしてのデビュー時、fripが萌えソングを歌う様に衝撃を受けたファンもいたようだが、逆に私は通常のfripの曲を聴いて「えっ、fripってカッコいい歌も歌うのか!」となっ…

どうぶつの森シリーズ(村BGM編)

中学生の頃、私はゲームキューブを買ってもらった。真っ先に選んだゲームソフトはスマブラDXだった。帰りの車で説明書を読んでワクワクしていたのだが、同じ車に乗っていた妹が選んだゲームは「どうぶつの森+」であり、そこで初めて私はこのゲームを知った。…

Eminem/Rain Man

Eminemといえば最も成功した白人ラッパーだろう。「Lose Yourself」なんかはヒップホップを好きではない人ですら聞いたことがあるのではないか。しかし私の中ではEminemの代表曲といえばこの「Rain Man」なのだ。 当時の私はラップを聴いていた覚えはないの…

FOX LOCO PHANTOM/KITCHEN MONSTER

16年と半年前程の熱唱オンエアバトルに、ギヤマンヘッズというバンドが出演した。ギター×2とドラム×1のベースレスバンドで、「ベースはロクなやつがいないっすよ」と言ってのけてハリガネロックの大上氏にツッコまれていたのがボーカルの依田達義氏(以下ヨダ…

山下達郎/ヘロン

山下達郎の曲を初めて聴いたのは、ポンキッキーズのEDだった「パレード」なのだが、誰が歌っていたのか知ったのは随分後のことだった。“山下達郎の歌”として認識したのは、このヘロンが最初なのだと思う。 多分CMでPVを見たのかな。「速報!歌の大辞テン」で…

eufonius/リフレクティア

今思うと宗教戦争のようだった。 2008年のアニメtrue tears。三人のヒロインに囲まれる主人公という、よくある構図の物語。主人公と同居するが影があって本心を見せたがらない比呂美、電波系で底抜けに明るい乃絵、主人公の友人の彼女だが、やたらと主人公に…

AiM/keep on

私の家は三人兄妹なのだが、年をとった今も割と仲が良い。新しいゲームを買ったら報告があり、美味しいランチを見つけたら写真が送られてきて自慢をされ、粛々とSwitchのファミリープランの料金を支払う。数年前には三人揃って動物園に行ったほどだ。そんな…

人間椅子/品川心中

8年前ぐらいだろうか、「日本独自の音楽性を持つアーティスト教えろ」的な5ちゃん(当時にちゃんねる)のスレを見ていた時に、誰かが紹介していたのが江戸川乱歩の小説と同じ名前をした「人間椅子」というバンドだった。そのインパクトのある名前に惹かれ、早…

倉橋ヨエコ/損と嘘

損と嘘 損と嘘 損と嘘 全部全部全部私へ 連呼する悲しい言葉が音程の激しい上がり下がりと共に繰り出され、狂気を感じさせる歌、それが倉橋ヨエコの「損と嘘」だ。 この曲と出会ったのもスカパー深夜のPV集で偶然に。何十年前だ?というようなガッツリとした…

田村ゆかり/おしえて A to Z

田村ゆかり氏(以下ゆかりん)の声を初めて聞いたのは「ひぐらしのなく頃に」だったか。私はあまりアニメに詳しくないのだが、一時期アニメをよく見ていた時期があり、その頃彼女の声もよく耳にしていた。んで「B型H系」というアニメを見始めた時に流れてきた…