ガラパゴスからの船出

時代の潮流から随分外れた島に浮かぶ音楽ブログです。お気に入りの曲の感想や好きな部分をひたすら垂れ流します。

FOX LOCO PHANTOM/KITCHEN MONSTER

f:id:majaraka:20210704043135j:plain

16年と半年前程の熱唱オンエアバトルに、ギヤマンヘッズというバンドが出演した。ギター×2とドラム×1のベースレスバンドで、「ベースはロクなやつがいないっすよ」と言ってのけてハリガネロックの大上氏にツッコまれていたのがボーカルの依田達義氏(以下ヨダロック)だった。オンバトでは一回しかオンエアされなかったが、暴れ狂いギターの弦が切れてノイジーな音になってもリフを弾き続けるその姿にシビれたものだ。

 

番組が終わり、ギヤマンヘッズも数年後に解散。私が彼らの音源をリアルタイムで手に取ることはなかった。しかししばらくしてから私はギヤマンヘッズを思い出し、今何をしているのか調べたところ、このFOX LOCO PHANTOM(以下FLP)というバンドが出てきた。そしてその中央(というか床)ではギターを手放してはいるものの、かつてのしわがれた声で歌うヨダロックの姿があったのだ。

なんということだ、ちゃんとベースがいるではないか

聴いてみればわかるかと思うが、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(というかチバユウスケ氏)の影響を受けているであろうロックがFLPの特徴だ(確かヨダロックは、ギヤマンヘッズ時代「ヨダタツヨシ」名義だったので、まあそうだろうと)。ただミッシェルやバースデイと比べて、疾走感が強いように私は思う。なんというかチバ氏のバンドって野太さがあって、洗練されているのに無骨な感じがするのだが、FLPは線の細さが際立っている。ヨダロックの声の高さもあるのだろうが、フロントマンの猫田ヒデヲ氏の作る楽曲に存在する艶やかさが大きいのだろう。

 

さてこのKITCHEN MONSTERであるが、歌詞は割と抽象的なのでわかりにくい。私はCメロの「国道沿いのオープンカフェで イカレたやつの真似をするのが楽しみだから」という部分がなぜか好きである。そんなところで急にイカレた人の真似をしてどうするんだろうと。見ている人からしたら、アンタもだいぶイカレてるぜと言いたくなるだろう。で、それが楽しみというのもわからない。わからないが異様な情景がリアルに浮かんできて、後を引く面白さがある。

 

またラストサビで「僕の友達 青い友達」と語り掛けるような優しい物言いに急に変わるのが心地よい。ヨダさんそんなキャラだっけっていう。

 

そんなわけでギヤマンヘッズの頃以上に愛が生まれてしまったのがこのFLPだ。音源を漁るようになったのは言うまでもない。オーバードライブのかかったヨダロックの声と猫田氏の艶やかな楽曲の相性の良さに虜になってしまった私は、もう「ロクなやつ」ではなくなってしまったのかもしれない。